出展のご案内

出展のメリット

1.本展は商談のための展示会です

 

会場レイアウト図

次回(2019年)は 410社が出展、12,000名が来場

レイアウト図(予定)(パシフィコ横浜)

※掲載の出展社数、来場者数および国数は、見込み数字です

2.国内有力バイヤーが多数来場!

 

前回(IJT2018)での仕入れ額の例(一部抜粋)  
   北海道(卸商)E社
630万円
   福島県(小売商)T社
390万円
   群馬県(小売商)M社
930万円
   東京都(メーカー)D社
3,320万円
   東京都(卸商)M社
2,970万円
   山梨県(小売商)M社
2,860万円
   愛知県(小売商)K社
2,180万円
   大阪府(小売商)J社
1,110万円
   福岡県(卸商)H社
470万円

3.商品即売に絶好の場!

  • バイヤーはIJT3展に仕入れを集中し、その場で大量に買付

  • 翌日から店頭に並べられる目玉商品をその場で発注

4.新商品の発表・受注ができます

  • 「今売れる」「これから売れる」最新トレンド商品を求めるバイヤーが多数

  • 毎年多数のTV・新聞が、各社の注目商品を報道

[報道例](一部抜粋)

リード社の「水増し無し」の憲法

この憲法に則り来場者数を厳正に集計します

来場者数発表の基本理念

1、来場者数の水増しをせず、正直に発表します。これは出展企業に対する義務であると考えます。
2、数字の水増しは、見本市の内容の偽装であり、出展企業に対する詐欺行為であると考えます。
3、見本市の終了直後に、来場者数だけでなく、「集計方法」も厳密に文書で発表します。

数え方の三大原則

1、会場に来場し、登録の際に受付で提出された名刺1枚を、1名と数えます。
2、一度登録した人が会期中に何度来場しても、1名としてしか数えません。
3、出入口を通過するたびに集計機械などで数える方法は、実質上の水増しと見なします。したがって、そのような集計方法は採用しません。

売上拡大のため、ぜひご出展ください!

出展社専用ホームページへのログインはこちらからどうぞ。
出展製品を登録いただくと、「e-ガイドブック(出展社・商品検索)」に貴社の製品が掲載されます。