出展のご案内

出展のメリット

1.本展は商談のための展示会です

 

会場レイアウト図

次回(2019年)は 410社が出展、12,000名が来場

レイアウト図(予定)(パシフィコ横浜)

※掲載の出展社数、来場者数および国数は、見込み数字です

2.国内有力バイヤーが多数来場!

 

前回(IJT2018)での仕入れ額の例(一部抜粋)  
   北海道(卸商)E社
630万円
   福島県(小売商)T社
390万円
   群馬県(小売商)M社
930万円
   東京都(メーカー)D社
3,320万円
   東京都(卸商)M社
2,970万円
   山梨県(小売商)M社
2,860万円
   愛知県(小売商)K社
2,180万円
   大阪府(小売商)J社
1,110万円
   福岡県(卸商)H社
470万円

3.商品即売に絶好の場!

  • バイヤーはIJT3展に仕入れを集中し、その場で大量に買付

  • 翌日から店頭に並べられる目玉商品をその場で発注

4.新商品の発表・受注ができます

  • 「今売れる」「これから売れる」最新トレンド商品を求めるバイヤーが多数

  • 毎年多数のTV・新聞が、各社の注目商品を報道

[報道例](一部抜粋)

リードの「水増し無し」の憲法

この憲法に則り来場者数を厳正に集計します

①来場者数を 水増ししない理由

数字の水増しは、見本市の内容の偽装であり、出展社に対する詐欺行為である。よって、リードは一切の水増しを行わない。


②来場者数の 数え方

会場に来場した方が、受付で提出した名刺一枚を1名と数え、その方が何度来場しても1名としてしか数えない。

③来場者数は 外部機関の認証を受ける

見本市終了後、公認会計士が「会場の受付で来場者から受け取った名刺の数」と「主催者の発表数字」が同じであるかを確認。さらに、無作為に抽出した名刺の所有者に電話をかけ、来場したか否かを確認する。


④来場者数は文書によって 正式に発表する

見本市の終了直後に、口頭での発表だけでなく、「集計方法」を明記したうえで、文書により公表する。

売上拡大のため、ぜひご出展ください!

出展社専用ホームページへのログインはこちらからどうぞ。
出展製品を登録いただくと、「e-ガイドブック(出展社・商品検索)」に貴社の製品が掲載されます。